2006年07月23日

ヴェスターあとがき(128話、129話)

そんなわけで、先週から始めた小説のあとがきですが、早くも挫折しそうです。(笑)
できるだけ、頑張ってみるけど、正直今は結構きついです。
(8月になったら、少しは楽になると思います。)
じゃあ、まあ今週のあとがきということで・・・

第128話 ヒーロー


タイトルの由来は、先週のブログの通りです。
話の内容を簡潔にまとめると、怒りに任せてガジャを殺してしまったことを、ラルフが反省するお話です。
実は、最初、ラルフには、ガジャを殺すのを思いとどまらせるつもりでした。
でも、もし自分が同じ立場になったらと考えた場合、自分もやっぱり歯止めが効かないだろうなと思い、こういう展開になりました。
新キャラのシェルコフが、結構渋いキャラで、よかったのではないかと思います。
それにしても、シェルコフの話を聞く限りでは、ラルフ達は間一髪のところで、ガイガードに戻ってきたようです。
もう少し戻るのが遅れていたら、きっとエミリーも死んでいたことでしょう。
シェルコフのおかげで、ラルフは復活しますが、ラルフはある一つの決意をします。それが、次の「約束」へとつながっていきます。

第129話 約束


この話で、とりあえず一区切りつけようと思ってたのですが、どうまとめようか悩みぬいた話でもありました。
話の内容ですが、前半と後半で大きく分かれています。
前半は、ラルフ、ニーナ、ガルックが、もう二度と人を殺さないことと、戦争を回避するための努力をすることを誓い合ってます。
この辺を後から読んで、タイトルは「約束」より、「決意」の方がよかったんじゃないかと思ったんですが、まあニーナが「約束」って言ってるし、特に違和感もなかったので、結局そのままにしました。
あと、「約束」というタイトルをそのままにしたのには、もう一つ理由がありました。
それが、後半のニーナとエミリーの話です。
ここで、ニーナとエミリーは姉妹になる約束をします。
これ以降、ニーナはエミリーのことを「エミリー」と、エミリーはニーナのことを「ニーナお姉ちゃん」と呼ぶようになります。(ちなみに個人的な話ですが、ニーナお姉ちゃんって書くたびに、何だかむず痒くなってきます。(笑))
この話、最後は明るい感じで終わりたかったので、あんな感じになったのですが、まあよかったんじゃないかと思ってます。

さて、次回のタイトルは「エミリーの尾行」
タイトルからして、エミリーが尾行する話なのはわかりますが、一体誰を、何の目的で尾行するんでしょうかね?
posted by VesterProject at 19:34| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | あとがき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21263860

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。