2006年02月19日

地獄編もいよいよ佳境に

小説「ヴェスター」を読んでくださってる方は、既にお気づきだと思いますが、地獄編もそろそろクライマックスに近づいています。
昨日の配信分で、ラルフ達はダークソリアに戦いを挑みましたが、一方的にやられて惨敗を喫しました。
ラルフ達もかなり強くなったはずなんだけどね。(ニーナなんか、1人でワイバーンの大群を倒す強さだというのに・・・)
正直、あの魔法の中で生きていただけでも、奇跡というしかないでしょう。
(1500度の炎の中を、生きていただけでも、大したものです。)
今回、エネルギー障壁という、新しいキーワードが出てきましたが、もしかしたらラルフ達にもエネルギー障壁があるのかも知れません。
(その辺の話は、もう少し先で出てくる予定です。)
一方、スペースコロニー・キルアからは、補給船が近づいています。
ラルフ達が、キルアに戻るためには、ダークソリア以外にも、キルアから来た超人類達も大きな障害となって、立ちはだかるわけですが、果たして、3人は地獄を脱出できるのでしょうか?

そして、以前このページに書くと言った総集編ですが、この地獄編の終了のタイミングで、ラルフ編、ニーナ編、ガルック編の3つに分けて書いていく予定です。
3人がそれぞれの視点で振り返る総集編になっています。
まあ、読んでくださってる方には、あまり面白い内容ではないと思いますが、まだ読んだことのない方は、これを読んで、主人公のキャラとストーリーの両方をつかんでもらって、メルマガ登録してくれると嬉しいです。(結局は、そこにたどり着くわけね)
posted by VesterProject at 23:27| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。