2006年05月24日

もうすぐ1年・・・

ヴェスターの連載開始から、もうすぐ1年になります。
忘れもしません。2005/06/19が第1回の配信でした。
(プロローグのログが二つも残っているのは、一つはメルマガ登録時に提出したものです。)
1年経って、少しは文章書くの上手になったかなあと思い、初期の頃の話を読んで見ましたが、あんまり変わってませんね。(所詮は駄文か・・・)
その駄文なんですが、このたびRSSMagでも配信することになりました。(何て無謀なことを・・・)
理由は、小説系のメルマガで、登録していたものが一つもなかったからという、単純な理由ですが、このRSS配信は、正直ずっと悩んでいたんですね。
でも、よく考えたら、まぐまぐのバックナンバーもRSSになってますし、だったらRSS配信しても、大して変わらないかと思い、今回配信に踏み切りました。
と言っても、第112話からの掲載という、非常に中途半端な回からの配信になっています。(いきなり112話では、RSSの読者も、何のことかよくわからないでしょうね。)

まあ、個人的には、やはりメルマガの方を重視したいので、できれば、メルマガを登録してくれる読者が、これをきっかけに増えてくれるといいなと思ってます。

さて、ヴェスターの方ですが、1周年に合わせるように、3人がガイガードに戻って行きますね。(笑)
そう、この物語の始まりの舞台は、スペースコロニー・ガイガードでした。
そして、1年後の物語の舞台も、このままで行くと、スペースコロニー・ガイガードになりそうです。
別に、1周年に合わせたつもりはないんだけど、何かタイミングに恵まれているというか・・・
ガルックの告白も、別に100話にするつもりはなかったのに、100話になったしね。
何かタイミングに恵まれているなあと、最近このヴェスターを書いてて、思うことが多いです。

ところで、1周年記念は・・・今度こそ何かやりたいなあ。
posted by VesterProject at 22:46| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月07日

GWに見たDVDの感想

長かった、GWも、今日で終わりです。(鬱)
長かったGWの間、多くの時間を占めたのが、DVD鑑賞でした。
というわけで、GWの最後に、見たDVDの感想(一部だけ)でも書いてみようかなあと思います。

1.ファンタスティック・フォー

実験のために、宇宙船に乗り込んだ4人が、突然変異するという宇宙放射線を浴びてしまい、DNAが変質し、それぞれが特異能力を持った4人は、ファンタスティック・フォーと呼ばれるようになる。

この映画、見に行きたかったんだけど、暇がなくて、見にいけなかったんですよね。
というわけで、DVDで初めて見たのですが、結構面白かったです。
ヒロイン姉弟(特に弟の方)に、少しムカつきながら見てましたが、最後には、突然変異したもう1人の敵を倒して、仲良くハッピーエンドになったので、まあよしとしよう。(笑)
敵の男が、黒いコートを身に纏い、手から電撃を発射する姿を見て、SWのパルパティーン閣下を思い出した人も少なくないでしょう。(まあ鉄仮面はかぶってなかったけど)

2.CUBE ZERO

私は、CUBEという作品を見たことなかったので、最初、男がいきなり謎の液体を浴びて、いきなりドロドロに溶けていくシーンを見た時は、( ゚д゚)ポカーンとなってしまいました。
CUBEという謎のトラップだらけの施設があって、そこの職員が主人公。
その職員が、CUBEに放り込まれた女性に惹かれて、ついにはCUBEに入り込んでまで、助けに行くというお話。
しかし、CUBEにいた人達は、なぜCUBEに送り込まれることになったんだろう?
これ、かなり面白かったです。
GWに見たDVDの中では、一番面白かったかも・・・
ただし、上にも書いたように、体が融解したり、バラバラにされたりと、スプラッターの要素も多分に含んでいるのは、その手の映像が苦手な人は注意ですね。

3.CUBE IQ HAZARD
QUBE ZEROを見て、元祖CUBEを借りに行ったものの、全部レンタルされてて、残ってたこれを借りて見たわけですが、正直言って、つまらなかったです。
ゾンビ映画で言えば、ゾンビ・オブ・ザ・デッドクラスでしょう。
最初の10分ぐらいで、もうオチが読めます。
GWに借りて、一番後悔しているDVDです。
てゆうか、CUBEシリーズが全部レンタルされてたのは、やっぱりCUBE ZEROの影響でしょうか?

4.NOTHING
CUBEの監督が作った作品ということで、借りて見たんですが・・・
パッケージには、サスペンスミステリーっぽい描写で書かれてたんですが、どう見ても、これってコメディですよね。
最初は結構面白かったんですが、途中の2人だけの話がダラダラと続くのには、さすがに飽きてきました。
まあ、感想は、内容がNOTHINGという事で・・・
これ見て思ったことは、制作費かかってないなあってことぐらいですかね。
十分元は取れてるでしょうね。

5.フォレスト・オブ・ザ・デッド

森林で行われていたバイオ実験の失敗によって、感染者が次々とゾンビ化していき、人に襲いかかるという内容。
最近の亜流ゾンビ映画の中では、かなり面白い方に入る。
緊迫感も、ゾンビ・オブ・ザ・デッドシリーズや、ハウス・オブ・ザ・デッドなどと比べると、雲泥の差がある。
しかし、あのラストはいかがなものかと・・・
なんで、あの主人公の男は、恋人を置いてまで、ゾンビに囲まれている男を助けに行ったんだろうかね?
あの男が、ゾンビ発生の元凶なのに・・・
なお、ゾンビの動きは、非常にスローですが、感染力は極めて強く、噛まれたら、死ななくても、数分のうちにゾンビになってしまいます。(この辺の描写を見て、28日後を思い出した人は、少なくないでしょう。)

6.フィア・ストーム
危険が迫ると警告して注意を促すという画期的なブレスレットが発明される。商品開発部のミッシェルは、実験台として恐怖症の弟・ローリーにブレスレットを与えるが…。誤作動を始めたブレスレットがエレベーター、地下鉄など、街中をパニックに陥れる。

ハッキリ言って、ストーリーよりも、主人公へのイライラの方が勝ってしまい、途中から見るのが辛くなった作品。
オチも「なんじゃそりゃ」って感じのオチ。

以上、記憶に残ってる作品の感想を書いてみました。
それにしても、少なくとも十数本は見たはずなのに、記憶に残ってる作品が、この6本だけとはね。(しかも悪い意味で、記憶に残ってるのがあるし・・・)
posted by VesterProject at 16:08| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

話の展開を変えるのは難しいですね。

メルマガに連載している小説ヴェスターも無事に100話を突破し、さらに話は続いていくわけですが・・・ってGWの昼間っから何書いてるんでしょうか?

まあ、私も久しぶりに釣りに出かけたり、友人と遊びに行ったりと、それなりにGWを満喫しているわけですが、今年のGWは長いので、どうしても暇な時間ができてしまいます。
(暇がないほど、休日を楽しんでる方が、うらやましい限りです。)
まあ、前も書いたように、資格の勉強とかもあるので、私もそれなりに充実した休日は過ごしているつもりです。
ただ、ホームページ改造計画は、一向に進んでいません。
というのも、実はヴェスターに、新しいエピソードの挿入を行っていたためなんです。
小説家がどうやって小説を書いてるのか、もちろん私はプロでもなんでもないので、わかりませんが、私の場合は、1.まず大まかなストーリーを作り、2.大まかなストーリーに、キャラクター等の詳細を決めてから、3.より詳細なシナリオを書いて、4.シナリオを元に小説を書いていくという4つの流れで、書いてきました。

このうち現状では、1から3まではほぼ完成しており、そこから小説を書いていくのですが、その際に、こんなエピソードを入れたいだとか、このエピソードは不要だとか、どうしても出てくるんですよね。
実際、ここまででも、シナリオになかったエピソードがいくつか入ってたり、逆にシナリオにあったエピソードをいくつか削ってたりしてます。
具体例で言えば、ガイガードで、ガジャの手下が追いかけてきたところを、ラルフが丸太を投げて撃退する話や、アンナのお姉さんの自殺の話や、地球で、3人だけの旅になった時に、サーベルタイガーの肉を食べる話は、当初シナリオにはありませんでした。
逆に、削ったエピソードとしては、地球でリグアーと別れた後、廃墟と化した街にたどりつき、そこで、ガルックが21世紀の文献を発見する話や、アルデック率いる超人類部隊が、補給船の整備中に、ダークソリアに気づき、ダークソリアと戦う話や、ガルックに告白されたニーナが、ガルックの家に帰りづらくなって、キルアの街中を夜遅くまでさまよう話なんかがありました。
連載してると、どうしても途中で、こっちの展開の方が面白そうとか出てきちゃって、そうなると話を変えたり削ったりするわけですが、そうなると続きの話との整合性を取るのが難しくなるんですよね。
変えた後で、いつも思うことは、「これでよかったのだろうか?」
今回、追加したというエピソードは、今までの中で、一番つなぎが難しい話でしたね。
そして、今回は、今まで以上に「これでよかったのだろうか?」と思ってます。
ちなみに、そのエピソードが出てくるのは、そんなに先のことではありません。
連載している小説とか漫画って、どれもこんな感じなんですかね?
まあ、でも、これって、結構楽しかったりするんですよね。
どんな小説になっていくのか、自分でもわからないって感じでね。

話は戻りますが、まあこんなことをしていたので、ホームページ改造計画は、大幅に遅れております。(もしかしたら中止かも・・・)
GWなのに、資格の勉強とこれで、普段以上に頭を使っているような、そんな気がします。
というわけで、GW後半は、少しは頭を休めるようにしたいなと思ってます。
(やっぱり、ホームページ改造は中止かな・・・)
posted by VesterProject at 15:10| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。