2005年08月31日

ヴェスターについて

今日の配信分で、とりあえずヴェスター編は一区切りがつきます。
それにしても、なんて長い序章だろう。
自分の中では、ここまでの話は10話程度で済ませる予定だったんだけど、
キャラクターをいろいろ登場させてるうちに、もう25話まで来てしまった。
でも、結局のところ中身はそれほどないんだよね。これが。
この25話の内容をぎゅっと凝縮すると・・・

「西暦2212年、スペースコロニー・ガイガードにニーナ=ルクライエという女の子が引越ししてきた。
ガイガードのオレンジ・ハイスクールに通うことになった彼女は、初日の朝、遅刻しそうな主人公ラルフ=ガートナーとT字路でぶつかる。
でも、それをきっかけにラルフはニーナに一目ぼれし、また、かわいくて明るい性格の
ニーナはたちまちクラスの人気者になるが、そのため、超人類のガジャに狙われることになる。
だが、ラルフ達は力を合わせてガジャを撃退し、ラルフとニーナはこれをきっかけに、親友になりました。
一方、その頃地球から約1000光年離れた惑星ウィクスの空域に突然現れた超人類の超大型要塞ヴェスターは、ウィクス軍を攻撃し、あっという間に壊滅状態に追いやる。
超人類でも最強の戦士で、銀河系最強と噂されているヴェルガントは、必殺技ドラゴン・ブラスターで山を吹き飛ばし、ウィクス軍を無条件降伏させました。」

これだけの話に25話もかかるとは、正直想定してなかった。
大体ストーリーはもうできてるんですけど、序盤まだ終わってないし、もしかしたら、500話まで行くんじゃないかと思う今日この頃・・・。

ただ、いろんなキャラクターの特徴を、序盤のうちに、多少でもたくさん出しておきたいってのがあって、そのため、この序盤では結構各キャラクターの会話を多めに入れてます。
それが、話の中身が薄い原因でもあるのですけど・・・。
ちなみに、私が序盤と呼んでいる話ですが、もう少しだけ続きます。
そして、その間は3人目の主人公ガルック=ソートの登場はありません。
(ガルック、哀れだ・・・)
ヴェスターを読んでくださってる方は、このゆっくりな展開にどこまでついて来てくれるだろうか?
読者数が増えたり減ったりするたびに、そんなことを考える最近です。
posted by VesterProject at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

ランド・オブ・ザ・デッド

ランド・オブ・ザ・デッド見てきました。
前評判が悪かったので、不安だったのですが、私にとってはかなり面白かったです。
まあ、私はロメロ3部作で、死霊のえじきが一番好きな変人なので、このランドも結構楽しめました。(w
黒人ゾンビの叫び声だけが、少しうっとおしいと思いましたが・・・

しかし、トム・サヴィーニがゾンビで出てきたときは、思わず爆笑しました。

そういや、あの時、銃では撃たれたけど、食われたシーンはなかったなって思って・・・
あのショッピングモールから、ここまで彷徨ってたんですね。(w
残念ながら、ショーン・オブ・ザ・デッドの二人は発見できませんでした。
ランド・オブ・ザ・デッドは全体的に面白かったのですが、時間が短かったなと思います。
まあ、多分DVDで出るときには、120分になってるんだろうと期待しつつ、今からランドのDVDを楽しみに待つことにします。
あと、死霊のえじきのような、人間が極限状態まで追いつめられた時の緊迫感がなかったのも、少し残念だったように思います。
死霊のえじきを初めて見た時、ゾンビに囲まれた兵士の一人が、最後笑いながら発砲してましたが、極限の恐怖に追い込まれたら、あんな感じになるんだなと思ったものです。
もっとも、笑い声も、ゾンビに食われる時には絶叫に変わってましたが(w

いかん、ランドの感想ではなく、死霊のえじきの感想になりつつある。

それにしても、近所の映画館では上映してなくて、遠出して見に行ったから、非常に疲れました。
映画館には、以外にも女性の方がたくさん来ていました。
それも20代前半の女性が多かったように思います。
首の皮一枚で首がかろうじてつながっているゾンビがいましたが、あれにかなりウケてました。
一方、明らかにロメロ信者っていう方々もいました。
私の前の席に座ったその方は連れの女の子に、過去3部作のことを熱心に語っておられました。
それはそうとして
posted by VesterProject at 00:05| Comment(1) | TrackBack(20) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

いよいよ明日は・・・

明日は、いよいよランド・オブ・ザ・デッドの公開日です。
ゾンビ映画の金字塔を打ち立てたジョージ・A・ロメロ監督の
最新作だけあって、非常に楽しみにしているのですが、
試写会を見たゾンビ映画マニアの意見は、なぜか厳しいものが
多いようです。
まあ、その辺は明日この目で見て、確認してきたいと思います。
ちなみに、私は最近ゾンビ映画にはまったクチで、もちろんロメロ監督の
過去3部作はすべて見ています。

・ナイト・オブ・ザ・リビングデッド
・ゾンビ(米国公開版)
・死霊のえじき(完全版)

ちなみに、ナイトはオリジナルよりもリメイク版の死霊創世記の方が好きです。
(DVDで持ってるのはこっち)
この他にも、以下のゾンビ映画を見たことがあります。(幾つかはDVDも購入済み)

・サンゲリア
・ビヨンド
・バタリアン
・バタリアン2
・ドーン・オブ・ザ・デッド(リメイク版)
・バイオハザード
・バイオハザード2
・チルドレン・オブ・ザ・デッド
・ブレインデッド
・ゾンビ3
・ゾンゲリア
・死霊の盆踊り

まあ、ゾンビマニアの基本と言うべき作品ばかりです。
もちろん、見た中には当たりもあれば、はずれもあり、
上記にあげた作品の幾つかは、私にとってはずれだと思えるものも
幾つか含まれています。(特に一番最後の奴)
もし、今回のランドでゾンビ映画を初めて見て、ゾンビの世界に引き込まれた方がいれば、上に上げた作品も見てみることをお勧めします。
(かなりの当たりはずれはあると思いますが・・・)

ちなみに、わが小説ヴェスターにもゾンビが登場する予定です。
(当分先になる予定ですが・・・)
ちなみにロメロ作品の場合、ゾンビが発生された理由については
一切明かされていません。
まあ、実際にゾンビが発生したら、一般人にとってはそれどころじゃないしね。
ヴェスターの場合は、発生源は明確であり、そこがロメロゾンビと
少し異なるところですが、ゾンビの特徴自体は、ロメロゾンビと
同じ特徴で行こうと思ってます。
まあ、どこでゾンビが出てくるかについては、こうご期待ということで。


ちなみに、最近一番はまっているゾンビ映画と言えば
posted by VesterProject at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月25日

読者の皆様、よろしくお願いします。

このたび、ブログを始める事にしました。
私は今まぐまぐから、オンライン小説「ヴェスター」を毎週火曜日と土曜日に発行しています。
初めて書いた小説なので、多分下手な文章だとは思いますが、できるだけ我慢して読んでやってほしいと思います。
基本的には、メールマガジンが発行される毎週火曜日と土曜日には必ず書き込みたいと思ってますが、どうなるかはわかりません。
実は、このBLOGなるものをやるのも初めてなので、正直長続きするかどうか不安なところですが、できるだけがんばろうと思ってるので、小説を読んでくださってる方は、できればこちらの方も読んでやってもらえると助かります。

また、まだ私の小説を読んだことがないと言う方は、ぜひ私のホームページ(http://www.vesterproject.com)から、メルマガ登録してもらえれば、私としては非常にうれしい限りです。
とはいえ、いきなり訳わからない小説が送られて、不愉快な思いになられるのも、アレですので、まぐまぐにあるヴェスターのバックナンバーをよく読んでからにした方がいいと思います。
(本当に文章に自信はないので・・・)
でも、できれば一人でも多くの人に読んでもらえると嬉しいんですけどね・・・。本当は・・・
posted by VesterProject at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。